2018年01月01日

結果を出す

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

スポーツ選手にとって、恋人の存在と言うのは大きいのでしょうけど、
結果が悪いとその恋人のせいにされたりもします。
そうじゃないのかもだけど、そうなってしまう、ということですね。

逆に結果が良くて、恋人の素行(!)がいいと、あの彼女のせいだね、なんてことに。
本当は、その男性選手の技術がすべてではないかと思うのですけどね。
ということで、結果を出さないといけないわけだ。
大変です、ただでさえ大変なのに、そう言われないように頑張る、
なんてなにかおかしい。
そう思いません?

スポーツ選手って、恋人と遊んでる暇なんかないように感じるけど、
そこはやっぱりなんとかして会っているんですねー、
愛ってすごい!

結果を出しましょう。
そしたら誰もなにも文句いわずに、結婚までいけるんじゃないですかね?
結婚しても結果が悪いと言われてしまうので、そういう有名な人とのお付き合いは面倒ですねー。

あおんな心配ないからいいんだけど(!)。

皆、頑張ってーーー。

2017年12月01日

沖縄で。。。

インドネシアで知り合った、とても変わった男性がいます。
その方、沖縄で亡くなられたらしいのですが、詳しい事は分かっておらず、
でも一度お墓参りに行きたいなと思っています。

日本人ではないといいますが、まるで日本人の方でした(!)。
パスポート(国籍)は違うようです、
でも、、、、日本人です!

ブドということでしたが ニュークニンからまだどんどん南下した
かなりはずれたとてものどかなところにその方は住んでいました。
素敵なところです。

当時もあちこち飛び回ってるような事を言っておられたその方。
その日もアポなしで訪問したので ご本人には再会できなかったのですが
(その日の夜に海外から帰ってくるとの事でギリギリで縁なかった!)
せっかくここまで来たので ちょっとお部屋を見せてね~と
一番手前のお部屋をいくつか見学させていただけます。した。過去形。

いろいろな方がこの方との出会いを書いていまず。
でも、亡くなられたのです。合掌。

なんだか思い出がよみがえります。
楽しい人でした。
ワガママな部分もあったけど、けっして嫌な人ではなかった。

あーお墓まいりにいかなくては!

2017年11月01日

返事がない会社

起業とか、たとえばホテルとか、、、そういうところからメールの返事がない場合、
どうしますー?
なんていうか、失礼きわまりない、と思うのです。
とはいえ、なんらかの理由で届いてないか、の場合もないわけではない。
そんな時に、そこの会社に「返事がないのですが」と書き込みがあったのを見つけました。
その後、この会社とその人は連絡がとれたんだろうか、
なんか違和感はあるものの、心配でもあったり、
もしとれたのならこっちにも来ないかな、とか思ったり。

だいたい連絡が取れないような連絡先を公表してるところがおかしい!

『カッコウはコンピュータに卵を産む』 という1980年代中頃に実際にあったハッキング事件のノンフィクションがあります。
ネットのセキュリティ系の本としては、古典と呼んでもいい部類の名著です。
上質のミステリーを読んでいるかのようなこの本、
ところどころにインターネット黎明であるが故の表現がいくつも出てきます。

その中のひとつに「なにはなくともメールは通せ」という一説があります。
これは何を意味しているのかというとネットでのコミュニケーションの
第一歩はメールから始まるということを意味しています。
それをこう表現するんだなあと感心しました。

さて、まだ返事をまつべきか、どうしよう。。。

2017年10月01日

クビが痛い!

朝起きたら首が痛くなっていた。
寝違えたみたいだけど、とにかく痛い。
首を無意識に動かすと激痛です。

寝違えによる首の痛みであれば、患部を安静にしたり炎症がおさまってきたら
マッサージを行ったりすることで、だんだんと症状は回復していきますが、
姿勢の悪さや何かしらの病気が原因で首の痛みが引き起こされている場合は
他の体調不良で悩まされる可能性が高いので注意が必要です。

自分のも「注意が必要」な部類のような気がしてきた。
やばい。
基本的に、首の痛みによって筋肉が硬直して自律神経のバランスが崩れ、
様々な不定愁訴を引き起こすという仕組みで、
とにかくいいことはないのだ。

痛いーー!

低周波のマシンがあるから使おうとしたのに、エラーで使えず。
こんなときに役に立たないのだいつもそうだこのマシンは!

しょうがない、マッサージに行くか。。。

2017年09月01日

ロイヤルファミリーのまわり

イギリス王室のキャサリン妃のハウスキーパーが「仕事がきつすぎる」といって退職したというニュースがありました。
どんだけキツイのかって話ですが。

イギリスで働く前はノルウエーのそれなりのところで働いていたそうです。
とても働き者で、だからこそ重宝がられていたんですねー。

でも「こき使った」らダメですね、そんな気はないにしろ。
今はどうしているのやら。

キャサリン妃が命令してたというよりも、きっと家も広くてやることがいっぱいなんでしょう。
私もよく働く方だと思うけど(!)、あまりにも広い家だと掃除してもまたはしから汚くなっていくし、管理も大変でしょうから、そんな家で雇われたくないなって思うし。

そのハウスキーパーはウィリアム王子とキャサリン妃が一年の3分の2を過ごしている邸宅、
アンマーホールに住み込みしているが、もっとケンジントン宮殿で仕事をするようにと言われていたんですって。
そりゃ無理でしょ。
しかも年収は500万ほどで、すごいいいとも思えない。
うーん、、、、すごいな、ロイヤルファミリーって。

2017年08月01日

本を読むという事

本をゆっくり読むことが出来なくて悲しい時期を過ごしておりました。
でも時間は作るモノ。
作って読みましたよ!1日読書に費やした、やった!
気になること、家事とか仕事とかもあったけど、この日だけはなにもしないぞ、って決めて読みましたー、やればできるものだ。有意義でした。

科学的に読書にはストレス、うつ、痴呆症の予防に効果があることが証明されています。
さらに自信をつけ、共感力や決断力を高め、人生の満足度を引きあげます。
こう言った利点すべてが、ただ週に何冊かの本を読むことで得られるのです。
素晴らしいですよね。
本を読むだけなら、字が読めたらできる。
あとはどう自分のものにするか、です。
ということで、ここ数年で来てなかった読書熱が熱いのですーーー!
いやー、時間作って読んでよかった、ほんと、そう思います。

本なんか・・・って思ってる人はあまりいないかもそれませんけど、
漫画読むなら時々本も入れてみようよ。
あまり読まない人であれば、読むように習慣づけましょうよー。
楽しいですよ、ためになります。
なんでもいいと思います、まずはなんでもいいから読んでみる、そのうち自分の分野が分かってきますよ。きっとね。

ということで、また時間を作って本を読むぞーー。
人生が楽しくなってきますね!

2017年07月07日

転職をついに決断

転職を考え始めたのはもう2年前になる。スポーツ用品メーカーへの転職を考えたこともある。
その頃は考えているだけじゃなくて行動にもうつしてた。
仕事の休みの日は転職のためにハローワーク行ったり、情報雑誌買ったり、本当に転職しようと思ってた。
でも当時いきなり人がどんどんやめてってわたしはその波にのれなかった。
今の仕事を終ったらわたしもやめる!転職する!って思ったけどなかなか終わらないし、どんどん仕事は増えていくし。
あなたが残ってくれて助かったって一年上の先輩に言われて嬉しかったのも覚えてる。
それから二年。また転職したいという自分の気持ちの波がやってきた。
なにかしたい、何か変えたいって思いながら転職情報雑誌を読みまくる。
転職情報雑誌はすごく私にとって必要なものだったんだ。
なんかさあ・・・いろんな想像ができるの。
これやったら私はどんな風になるだろうとか・・・。
そういう感じで考えることができるんだ。
だから今はすごく楽しいんだよね。
でも想像ばかりじゃどうしようもないからそろそろちゃんと考えないといけない。
ネットで職業診断テストみたいなのもやってみたり・・・。
自分に何が合ってるかがわからないから。
だから仕事をしつつ転職の準備を進めていこうと思うん奈。


2017年07月01日

引っ越し

家の引っ越しではなくて、ドメインの引っ越しの話です。
とあるところからとったドメインを、他のサーバーに引っ越しをしたのですが、あまりにもその引っ越しが早くて、つぎのサーバーでサイトを運営するのに間に合わない。
1か月くらいかかるって言われていたのに。

なのでうろたえています。
うろたえるだけで何も進まないのがきついのですがどうしようもない。
うろたえて、眠れなくなってもこまるので、うろたえてはいるけど考えないようにしてます。
情報が間違ってるって事には、まだかまだか、と待ってる感じがあるけど、今度は逆だ。
こんなに早いの??って感じ。
これはこれで困りますね。

さて引っ越しが終わったようですが(!)、次がまだ準備できないので、サイトがとまったままです。
このままではいけないので早急に手を打たねばならない。
こっちでうろたえてる(??)。引っ越しは手早く早いほうがいいけど、今度ばかりは少しはやすぎですよ、管理会社!

今日もまた瞑想しよう、ちょっとうろたえで眠れなくなるのが恐怖だ。
座禅をしよう、うん。

引っ越し・・・・・もう少しゆっくりやってよね。

2017年06月01日

パリ

フランスのパリに移住する芸能人や有名人が多くなった気がします。
なにかいいことがあるのでしょうか、パリって。

パリで思い出すのはなんといっても岸恵子さん。
素敵な女性ですよねー。

岸恵子さんは、1956年にフランス・日本合作映画「忘れえぬ慕情」に出演します。
この映画の出演がきっかけで、フランス人の映画監督イヴ・シャンピと結婚。
以後は、パリに居を構え、フランスと日本をまたにかけて女優を続けました。

この時代にこれをやってのけるってことだけでも話題になったでしょうね!
でも、、、国際的な文化人としての活動も多くなる一方で、
やがて映画出演は少なくなっていきます。

岸恵子さんは、夫イヴ・シャンピとの間に、
一女デリフィーヌ麻衣子を授かりますが、
擦れ違い生活が続いた2人は、
1975年に夫イヴ・シャンピの浮気が原因で、とうとう離婚してしまいます。

ありがちっていえばありがち??
でもたくましく生きてらっしゃるのです。

最近は本を出したりしてますね、それが映画化(?)されてもいる(?)のかな。
読みたいです!

2017年05月01日

占いとか

占いとかヒーリングとか、目に見えないものにお金を払う気がしないのですが、
世の中にはそこにものすごいお金をつぎ込む人がいるもので。

ヒーリングについてのセミナーもビジネスにしちゃったり。
とある人が言っていたのですが、

身体の不調を訴えて、それを治すためには自分の体を癒やすヒーリング系の講座を受けてくださいと薦められたのです。
講座料金は十数万かかると言われて、
自分で癒せる技術が得られるならと思い申し込んだそうです。
エネルギー系やスピリチュアルの講座ビジネスって普通にあるんですね。
ヒーリングを受けにいくとヒーリング中に数十万する講座、
高い健康食品を売りつけてくるというのです。

これもビジネスなんですね。

本人が満足して癒やされているのなら、別に構わないと思います。
しかし本人達は一様に騙されて、ヒーリング系・スピリチュアル系は二度と関わりたくないって感じです。
真面目にセラピスト、治療家としてやっている方にはいい迷惑です。

とね。

身体のことよりも、お金儲けのことしか考えてない、という意見でまったく同感ですな。
っていうか、そのとおりでしょう。